歯周病治療

  1. HOME
  2. 歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは、歯と歯茎のすき間に侵入した細菌が歯肉に炎症を引き起こし、歯を支える骨までも溶かして歯をグラグラさせる症状を言います。
むし歯とは異なり、痛みがなく自覚症状がないため気づかないうちに症状が進行し、症状が重症の場合は自然と歯が抜け落ちることもございます。
歯を失うもっとも多い原因となる病気で、日本人の成人約80%が歯周病にかかっているとも言われています。
歯周病を意識してしっかりと治療を行っていきましょう!

歯周病とは?

このような変化を感じていませんか?

このような変化を感じていませんか?

上記のような症状を感じたら専門医の当クリニックへお越しください!

お問合せはこちら

歯周病は全身疾患に関わる病気です!

近年、歯周病は全身疾患の発症・進行に関連していると言われております。
歯周病の原因は、歯周病原細菌による感染が直接の原因ですが、進行に大きく影響する要因があります。
口の中の症状に関わる病気・症状として、虫歯・かみ合わせなど、歯ぎしり・歯並び・口の中の乾燥状態などがあげられます。身体的な要因として遺伝によるもの、体質・病気によるものなどがあげられます。
また女性は思春期や妊娠中、ホルモンバランスの変化によって歯周病になる場合がよくあります。
その原因として、歯周病菌が女性ホルモンを好む菌がいるため(性ホルモンを栄養源に増殖するため)だと言われています。
歯周病の生活面での要因として、【喫煙】【飲酒】などがあげられております。
その他、日常生活で精神的なストレスがある場合なども免疫力が低下し歯周病に対する抵抗力が落ちると言われています。全身の免疫力が低下するにあたり歯周病は様々な症状と合併症を起こす恐れがあるのです。

歯周病についてよくある質問

歯周病は治りますか?
歯周病の進行を止めることが目標となります。
病気になってしまった歯周組織の質を改善させることをはできますが、残念ながら歯周組織の量を改善させる治療法は確立されておりません。
歯周病の原因は『プラーク』と聞きましたが、プラークとはなんですか?
歯に付着している粘着性の沈着物で、数多くの細菌がいます。又、プラークはバイオフィルムとも呼ばれ頑固に付着しているだけではなく薬品等だけでは除去しにくくなっています。
そのようになる前に、毎日のしっかりとしたブラッシング等のお口のケアが大事です!
毎日しっかりと歯を磨いているのですが歯周病になりますか?
予防するには、歯の表面、歯と歯茎の間などに行き届いたブラッシングが必要になり、ほとんどの方は十分に磨けていると思っていても実際は不十分なことがよくございます。
そのためには、歯科医師や歯科衛生士によるブラッシング指導などを受けることをおすすめしております。歯周病や予防歯科については当クリニックまでお気軽にお問合せください。
喫煙者は歯周病にかかりやすいと聞きましたが、本当ですか?
喫煙者は喫煙しない方に比べて歯周病にかかりやすいというデータも出ております。
タバコの化学物質が歯茎の血流促進の妨げになったり、歯周病の病原菌に対する抵抗力を低下させることにより歯周病にかかりやすくなったり、症状を重くしたりします。
歯周病は何歳頃から気をつけておけば良いですか?
歯周病の原因は、歯に付着する歯垢内の病原菌によるものですので、歯が生えた時点から歯周病には気をつける必要がございます。ただ、一般的には40歳前後が発症しやすいとも言われておりますが、若年性の歯周病もございますので、歯周病のことでお悩みでしたら当クリニックにお気軽にご相談ください。
歯茎が腫れているのですが、歯周病ですか?
むし歯じゃなくても歯周病の可能性も考えられます。
気付かないうちに歯周病の症状は進行していくことが多い疾患ですので定期的に検診を受診していただくことをオススメしています。

かなや歯科クリニック ページトップへ