審美的治療

  1. HOME
  2. 審美的治療

すてきな笑顔は口元から!

審美的治療とは、歯並び、歯の形態や色などを改善する治療になります。時には見た目の改善だけではなく機能性の改善につながることもあります。また、調和のとれた歯並びや歯の形態、歯周組織とのバランスの改善は、虫歯や歯周病の原因となるプラークが付着しにくく、除去しやすい効果も期待でき、お口の中の健康的な環境作りに結びつきます。
歯並びの改善方法として、代表的なものとして矯正治療が挙げられますが、程度や場合によっては、歯を削る必要があるものの被せ物によって改善することも可能なこともあります。

すてきな笑顔は口元から!

歯の色の問題に対しては、その原因やご本人が希望あるいは目標とする色のよって方法が異なります。方法として、歯のクリーニング、詰め物の修正・再治療、被せ物、薬品を利用したホワイトニングなどがあります。それぞれ一長一短がありますので、ご本人に合う方法を選択していただくためにご説明が必要となります。
歯の形態の改善には、被せ物による対応が必要となります。
場合によっては歯茎の手術が必要なこともあります。
人前で笑うことができずに悩んでいる方や、噛み合わせや歯並びが気になる方などでお悩みならお気軽にご相談ください。

このようなお悩みはございませんか?

このようなお悩みはございませんか?

お問合せはこちら

審美的治療の種類

オールセラミック

専用の薬品を用いて歯の色を漂白することで歯を白くします。
神経のある歯とない歯で方法が異なります。


オールセラミック

被せ物のよって歯の色や形態を改善することができます。
方法や材質にはいろいろな物がございます。

[オールセラミックス]

オールセラミックスは、金属や混ぜ物を一切使用しない完全なセラミック歯です。
本物の歯と見分けがつかないほどの透明感と優れた質感を実現できます。
金属を使用していないので金属アレルギーの心配がなく、加齢に伴い歯肉がやせてきた時に歯の根元部分に黒いラインも見えることがないので、前歯の治療に最適です。

[メタルボンド]

メタルボンドとは、外見がセラミックで、中身は金属でできている被せ歯、差し歯です。
陶材焼付鋳造冠と呼ばれることもあり、色が本物の歯に似ているので見た目がとても綺麗です。非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。
金属アレルギーの人でも、中に使う金属を貴金属にすることで、金属が溶け出すこともありませんので、安心して使用することができます。

[ハイブリッドセラミックス]

ハイブリッドセラミックスは、むし歯などでかけてしまった歯に詰めるのに使用することが多いです。
純粋なセラミックと比較すると少し変色することがあり、汚れがつきやすいというのが難点ですが、すり減りづらく、これまで奥歯には金属が使用されるのが通常でしたが、奥歯にも使用できるようになり、色調も自由に選べる優れた素材です。

[ラミネートベニア]

つけ爪のような薄片のセラミックで歯の表面に貼り付けることで歯をキレイに見せる時に使用します。
ホワイトニングでは対処できない重度の変色をキレイにする目的で使用するのが主なことになり、噛み合わせなど関係上、基本的には上の前歯専用で使用します。下の前歯の場合はオールセラミックスを使用します。

かなや歯科クリニック ページトップへ